糸鋸細工を再開したのですが、今まで使っていたリョウビ製入門機では、ストレスがたまる一方。
 新機種を購入するにあたり、色々調べ、とうとう「デウォルト糸鋸盤 DW788」を 購入しました。外国のカム式と日本のピストン式 どちらにも一長一短がありますが、家の中で使うには振動と音が少ないのがとても大切。また入手した方の評判もとてもいいので、思い切って購入しました。
 結論としては「買って良かった。」 組木工房さんのHPが一番の参考になりましたし、組木工房さん推薦の糸鋸刃とも相性もばっちり! 20mm厚のみずならでも、断面がまっすぐに切れます。そして切断面のきれいなこと! 感激ものです。
 
メカニックな感じがしてかっこいいです。
イメージ 1
 
スイッチとコントローラーが上にあるので、操作しやすい。
 
イメージ 2
糸鋸刃の取り付けねじは、組木工房さん推薦のクイックレバーの取り替えました。
これも超便利です。
 
イメージ 3
 
狭い部屋の中で使いますので、集塵を工夫しないと部屋の中が木の粉だらけになってしまいまし、健康にも悪い。HP上に公開されているみなさんの知恵をお借りして、工夫したいと思います。